お題 「目には目歯には歯」 を翻訳伝言してみたらこんなことになった

今回のお題は、
「目には目歯には歯」
日本語から出発して、 エストニア語→ヒンディー語→ジャワ語→ウクライナ語→ルクセンブルク語→タガログ語→ベラルーシ語→ポーランド語→デンマーク語→コルシカ語 という順番で翻訳をし、また日本語に戻ってきます。翻訳を繰り返したあとの表現の変化を楽しむ遊びです。



さて、それでは、今回の結果を発表します。

日本語の「目には目歯には歯」が、
エストニア語では「Hambad silmadele」と翻訳され、
エストニア語の「Hambad silmadele」が、
こんどはヒンディー語の「आंखों को दांत」となり、
同様にジャワ語の「Mripat menyang untu」へと翻訳され、
さらにウクライナ語の「Око до зубів」へと翻訳されました。
次のルクセンブルク語は「Aen op d'Zänn」
次のタガログ語は「Mga mata sa ngipin」
次のベラルーシ語は「Вочнай зуб」
次のポーランド語は「kieł」
次のデンマーク語は「brosme」
次のコルシカ語は「tusk」
...そして、再びラストの日本語では、
「牙」
となりました。
ことばが世界の国々を巡ってきました。

最初のことば「目には目歯には歯」が、翻訳伝言の結果、最後には「牙」となりました。(笑)
以上、翻訳伝言ゲーム「Broken Telephone」でした。


◇おさらい~今回の結果◇ result of Broken Telephone

日本語: 目には目歯には歯
 ↓ 
エストニア語: Hambad silmadele
 ↓ 
ヒンディー語: आंखों को दांत
 ↓ 
ジャワ語: Mripat menyang untu
 ↓ 
ウクライナ語: Око до зубів
 ↓ 
ルクセンブルク語: Aen op d'Zänn
 ↓ 
タガログ語: Mga mata sa ngipin
 ↓ 
ベラルーシ語: Вочнай зуб
 ↓ 
ポーランド語: kieł
 ↓ 
デンマーク語: brosme
 ↓ 
コルシカ語: tusk
 ↓ 
日本語:
 

世界の人々が仲良く平穏に暮らせますように・・・。